« August 2005 | メイン | October 2005 »

September 21, 2005

リンパ

京都シリーズ第2弾は「琳派」です。

「琳派」とは何ぞや?
正直自分もそんなに詳しくはないのですが
尾形光琳や俵屋宗達といった江戸時代の絵師たちの流れで
眉間にしわを寄せて「芸術でござい!」みたいな感じでは無く
ポップにビジュアルを極めた方々、と勝手に解釈しております。

そういった意味で、おこがましいですが私たちの大々々々々先輩として、
勝手に尊敬しております(笑)

で、その展覧会が細見美術館で開催中(〜12/18)でして
今回行って参った次第です。

あいにく大好きな「風神雷神図」はありませんでしたが(当然!)
とてもよい勉強になりました。

ちなみに「soulhead」のアルバム「Oh My Sister」は
「風神雷神図」からインスパイアされてるといって過言ではありません(笑)

00010.jpg

京都シリーズおまけは「法隆寺」。

私の中で行っとかなくちゃプレイスのひとつでしたが
今回なんとなく足が向いて、奈良まで行ってきました。

五重塔を目の当たりにして、「1400年前の建物」というのが
凄すぎてどう受け止めてよいやら、不思議な気持ち。

当時の最高技術の粋が結集したんだな〜と思いつつも
じゃあ六本木ヒルズは100年後も建っているのかしら?などと
かなり低レベルの感想で、ホントごめんなさい(汗)

日本のルーツと呼んでいいぐらい貴重な建物ですから
今でもきちんと残されているということは、
延暦寺のろうそくが1200年消えずに燃え続けてる、というのよりもさらに
すごいことなんですよ! きっと(爆)


DSC01138.JPG

Posted by pmken : 12:02 AM | コメント (0)

September 20, 2005

ルイジコラーニ展

この連休は京都に行っておりました。
いろいろ行きましたが、とりあえずコレ。

ルイジコラーニ/バックインジャパン展@京都工芸繊維大学。

コラーニといえば、その有機的な曲線美で一世を風靡した
僕ら世代にはプロダクトデザイナーのアイドルみたいなお方なのですが
改めて、そのモックアップの数々を目の当たりにして
自分自身、その美学が無意識レベルで刷り込まれている事に気づきました(笑)

20世紀以降、デザイン界はモダニズムが主流で、シンプル、幾何学、機能主義みたいな
所でいったりきたりしていて、じつはその殻を破っていない
という認識なのですが、氏はそんなメインストリームを尻目に更に先の世界を
40年も前から見据えていたのでした!
あのオーガニックな曲線は、自然とテクノロジーの融合の象徴ですからして
まんねん「愛・地球博」なのであります。

昔はこんな製品化できないようなモックばかり作って!と思ってましたし、
今見ても松本零士や手塚治虫もびっくりのファンタジックワールドですが
これは産業を背景にしたデザインだと思うと俄然説得力があり、
私たちがもつべき未来へのビジョンを、具体的に導いてくれています。

これってすごく大事で、次の世代が「さて豊かな社会を築こう!」としたときに
こういうことが無意識に礎になっていくんだな、ていうか、なってほしい・・・。

少なくとも私が子供の頃からイメージしていた未来は、ほとんどこのコラーニの世界でした!!!

マーケティング主体の社会のなかで、ケツの穴のちっちゃいデザインがあふれてますが
こういう哲学をもったデザインに触れて、目の覚める思いでした、はい。

なんてつらつら書きましたが、この展示昨日で終わってしまったのでした。
かわりに公式HPを載せておきますね。

それはそうとして、この展覧会「日本におけるドイツ年」の一環でして
っていうことは・・・・コラーニがドイツ人だったなんて!!!


DSC01064.JPG

Posted by pmken : 6:06 PM | コメント (0)

September 15, 2005

BIG SHOT! X2

DSC01059.jpg

この写真を見て、吠えた方はかなりのポラロイドカメラ通。
そうなんです。これ、ポラロイドカメラの中でもかなりの珍品、
「BIG SHOT」といいます。
1970年頃のカメラで、シャッタースピード、絞り、ピントの合う距離まで固定という
かなりの頑固ものですが、ちょうどポートレートを撮るのに適していて、
往年のAndy Warholがセレブを撮るのに愛用していたという
曰く付きのカメラでもあります。

ちなみに2台とも私の所有ではありません!
今回とあるクリエイティウ゛のため、とある方々にお願いしたところ
一台でも珍しいのに、同時に2カ所からカメラが集まってしまった訳です。

多機能で何でも出来てしまう昨今のデジカメの対極のようなカメラですが
こういう機能が制限されているほうが、実は逆にアイデアが膨らみ面白かったりします。
皮肉なもんですね。

果たして今日の撮影がどんな形になって世に出るかは、これからのお楽しみ。
できたらまたココで紹介します。

Posted by pmken : 7:58 PM

September 14, 2005

やられた!

nanoが発売になり、更に人気のipod。
U2バージョンに続き、nanoでは黒が標準仕様になりました。

で、下の写真はnanoではなく、ipod photoの黒バージョン。
webから自分でカラーオーダーできるシステムなのです。

COLORWARE

頼んだのが先月。そのあとnanoが発売になって、昨日到着。
微妙なタイミングに、うれしいやら悔しいやら。

nanoのカラーオーダーも始まるみたいなので
まだ持ってない人は、この機会にいかが?


DSC01057.jpg

Posted by pmken : 10:14 PM | コメント (0)

September 13, 2005

GR digital

伝説のコンパクトカメラ「GR1」のデジタル仕様です。
もしやと思っておりましたが
やっと発表になりましたね。
発売がたのしみです。

GR BROG

Posted by pmken : 9:38 PM

September 8, 2005

ハイブリッド

わけあって今週、レンタカーを借りてます。
せっかくだからプリウスにした。
すごい!感動。
高速道路をエンジンOFFを保ちながらエコクルージング。
風切り音とタイヤの転がる音しかしません!
その快感たるや、ヨットか気球にでも乗った感じ?

ああ、これが未来の乗り物なのかと、感心しきり。
ブブーンといって走る乗り物がすべて、突然古めかしく見えてきました。

日本にはこんなにすごいテクノロジーがあるんですね。
パソコンやデジカメがすごいことよりも
とても文明的な事件だと思います、コレ。

DSC01045.jpg
DSC01029.jpg

Posted by pmken : 10:46 PM